山口県の旅:第四日(3月4日)~防府~

Name
時系列が目茶苦茶だよ~。恐らくは、寺院と神社で分けたんだろうけど、「天満宮に続いて国分寺に行きました」と書きつつ、天満宮があとから紹介されている……。何も期待してないけど、凄まじいなぁ(笑)
それと、一部、元の記事が削除されてしまっていたり、統合されているところがあって、リンクが貼れなかったよ。

本日は、防府市の観光となります。お付き合い下さるのはK様。女性のドライバーさんです。K様も、O様に負けず劣らずの博識。特に、神社やお寺の構造やら、参拝方法、卒塔婆の見方など、いわゆる寺社仏閣巡りの入門者は、そのいろはからまるっと教えて頂けますので、絶対に弟子入りすべきです。勿論、個々の観光スポットについての知識もばっちりです。さらに、女性ならではの親しみやすさ(これは男性観光客だと微妙に変わるかもしれませんが)で、観光以外の個人的なあれこれについても、沢山お話しできました。もちろん、それらの立ち入った内容については秘密です。

こんなところに行こうかな、と思っていました。

周防国衙跡、周防国分寺、防府松崎天満宮(防府天満宮)、東大寺別院阿弥陀寺、右田ヶ岳城跡、玉祖神社、春日神社、敷山城跡、車塚古墳・車塚古墳天御中主神社(妙見社)、月輪寺薬師堂、三田尻御舟倉跡、宇佐八幡宮

さて、どのくらいクリアできたでしょうか。

防府観光

さて、防府観光は、オーソドックスな観光地がメインでしたので、さしたる問題もなく、わりとスムーズに行けたと思います。唯一残念だったことと言えば、施設が閉鎖されており、見物できなかったケースですね。一日も早く、皆が、安心して楽しく旅行できるようになって欲しいものです。

あ、それから、現在、山口県でも、観光地での工事が結構多い。毛利庭園では、博物館も閉鎖されていなかったのですが、絵画コーナー(?)は工事中でした。私が思うに、大内家が遺した貴重な文化財(書画骨董の類)は、毛利家に受け継がれたものが少なくないはずですので、たとえ毛利家の……と書かれていても、博物館、美術館のたぐいはきちんと回るべきです。しかし、閉鎖中&工事中ではいかんともしがたいですよね。残念でした。

国分寺

周防国分寺まともな観光客っぽく、天満宮に続いてに向かいました。

護国寺

護国寺これは間違いなく、私たちのリクエストだったのですが、なぜにここをリクエストしたのか、誰一人記憶がなくなっております。日程表にはなかったものの、前日に頂戴した防府市のパンフレットから追加したような。覚えてないです……。

芦樵寺

芦樵寺
↑の護国寺がなんだったのか調べるために、防府、大内で検索したら、出て来てたのはここでした。

防府天満宮

防府天満宮
何はなくとも、まずはこちら。お写真も大量にございます。

周防一宮・玉祖神社

玉祖神社・周防国一之宮
ええと、途中でスマホの電池が落ちたため、一旦機種をサブに変更してまして、写真の順番(=見学した順番)どこに入るのか分からなくなってしまいました(毎度のことです)。

宇佐八幡宮

宇佐八幡宮
お花が咲いたらとっても綺麗だろう、ってK様。花より団子の私たちにも、その美しさは想像出来ました~。

右田ヶ岳城

天徳寺
トライはしたのでありますが、頂上を目指すつもりは最初からなく、ま、右田家の墓地でも見ようかと。しかし、見事に道に迷いまして(T_T)

一応、お墓は撮影したのですが、毛利家の方々のお墓ばかりでした。

毛利庭園

御舟倉跡

御茶屋跡

御茶屋跡の資料館は、見るべきものがたくさんあったようなのですが、残念ながら、閉館でした……。

思うに、三田尻に反応した理由は、義興様が、初めて京に行った時、三田尻の港を出た、って記述をどこかで見たのですよね(゚ー゚*?)?

後から、調べてみるに、柳井のほうがそれっぽいのですが、まあ、海が見たい、というリクエストで、K様に海辺までお連れ頂きました。

道の駅で、K様は食品を購入されておられ、そのお値段の安いことに驚かれていました。しかし、海産物がダメなわたしには、海辺の道の駅で買えるものがなく。残念でありました……。

車塚古墳

車塚妙見社(天御中主神社)&車塚古墳

明日からはいよいよ、周南です。ここで、第一交通の皆さまとはお別れかと思っておりましたら、K様が、明日も来て下さると。これはもう、百万の味方を得たようでございます。

すっかり安心した私たちは、スマホナビに導かれ、メモにあった車塚古墳、妙見社に行って参りました。

K様のご案内なしでも行けました。
(って、ホテルから目茶苦茶近いんです。それこそ、ナビ不要)。

ライターS.A.
リニューアル前公開日: 2020年3月22日 21:55