関連史跡案内

玄済寺(山口市吉敷)

2020年10月14日

案内看板の写真

玄済寺・基本情報

住所 〒753-0816 山口市吉敷佐畑4丁目ー10ー20
電話 083-922-4560
最寄り駅 湯田温泉駅から車で10分
山号・寺号・本尊 黄龍山・玄済寺・釈迦如来
宗派 曹洞宗
公式サイト http://gensaiji.net/

玄済寺・歴史

毛利元就の第十一子・秀包が開基で、豊浦郡豊北町阿川に創建された。開山は長門湯本大寧寺十八世鉄村玄さく和尚で、当初は江見寺といった。毛利秀包は、小早川隆景の養子となり、豊臣秀吉の九州平定などで功績をあげた。秀吉の覚えめでたく、「秀」の字を賜ったほか、九州に知行地を得て久留米城主となった。関ヶ原の合戦に際しても、豊臣方として参戦。西軍敗北ののち、帰国途中に下関で病没した(三十五歳)。寛永二年(1625)、秀包の孫・元包の時、領地替に際して当寺を現在地に移し、玄済寺と名を改める。

秀包の子孫は「吉敷毛利家」となり、玄済寺がその菩提寺である。境内裏手に吉敷毛利家歴代の墓所があり、初代から十七代にいたる一族の人々がまつられている。

玄済寺・みどころ

吉敷毛利家墓所、毘沙門堂、福原広俊墓、吉敷願かけ地蔵菩薩、宣徳社(天神山公園内)など。
大内義興の念持仏だったと伝えられる毘沙門天像、および義興の位牌が毘沙門堂内に安置されている。いずれも、元は菩提寺・凌雲寺にあったものとされる。

山門

山門の写真

吉敷願かけ地蔵菩薩

吉敷願かけ地蔵の写真

縁起説明板によれば、こちらのお地蔵様は、元々橋本様という方の守護仏だった。九州福岡に移住される際に、玄済寺に寄贈された。のちに、橋本様のご発願ご寄進によって「吉敷願かけ地蔵さま」としてお祀りされることとなり、人々が参詣できるようになった。

本堂

本堂の写真

毛利家と福原家の位牌所。本堂左手奥が毛利家墓所となっており、毛利家の家老を務めた福原広俊の墓もこの寺院にある。

鐘楼堂

鐘楼堂の写真

聖観音像

聖観音像の写真

天神山公園 & 宣徳社

宣徳社の写真弘化二年(1845)、吉敷毛利家十三代当主・元潔が建立したもの。祭神は保食之命と毛利歴代祖公。毛利家ならびに領内の守護神として祀られた。

縁起説明看板によると、昭和六十二年に天神山を公園化した際に再建された、とある。天神山にはほかにも墓や慰霊碑、顕彰碑などの史跡がある。

毘沙門堂

毘沙門堂の写真

義興菩提寺・凌雲寺は廃寺となり、跡地は史跡として発掘調査が行なわれているが、伽藍や仏像などの目に見えるかたちとしての遺物は現地には残っていない。元々凌雲寺にあったとされる毘沙門天像は、中尾高源院などで保管されていた。高源院は昭和十九年(1944)に玄済寺と合併したので、義興ゆかりの品も玄済寺に移った。

この毘沙門堂は、昭和三十一年(1956年)に、毘沙門天像ほかの位牌や仏像を安置するために建立された。建物は鎌倉時代の建築様式を模したもので、平成時代、本堂改修時に改築を行い、陳列棚が設置された。

堂内には義興ゆかりの品として、毘沙門天立像二躰と位牌が安置されており、ほかにも吉祥天立像(平安時代の作)、釈迦如来坐像(室町時代の作)がある。

毘沙門堂内部の写真

山口県教育委員会が実施した調査報告書によれば、毘沙門天像は鎌倉時代の作品であるという。毘沙門天は大内義興の念持仏であるとされており、大内氏の信仰の対象になっていたと考えられている。また、毘沙門天像とともに、玄済寺に伝えられた義興の位牌は 札板に「凌雲寺殿三品兼七州太守傑叟義秀大禅神儀」と書かれており、牌は雲首型位牌(雲袖型位牌)と呼ばれるものだが、作成年代まではわかっていない。(以上、参照:毘沙門堂内説明文)

玄済寺写真集

アクセス

寺院様HPによれば、湯田温泉駅から車で10分。タクシーを利用して訪問したので、歩いていく行き方はわからない。徒歩ではかなりキツいと思われる。

参照文献:玄済寺様HP、同説明看板、毘沙門堂内説明書き

-関連史跡案内
-,