投稿ページ

  • 2021-06-22
  • 2021-06-22

014:忘れ得ぬ思い

『太陽の城と月の庭』第14話:たまにはミルと五郎のやかましい子どもじみたおしゃべりから自由になりたい。そう思ってかつての「友」の菩提寺、現在廃墟を訪れた宗景はそこで謎の美女と出逢う。二人は知り合い?

  • 2021-06-18
  • 2021-06-18

013:邪悪な何か

『太陽の城と月の庭』第十三話:ミルが五郎に初めてイマドキの食べ物を食べさせたその夜、宗景は城跡に「何か」の気配を感じた……(もう未完結なままかと思ってた……)。

  • 2021-06-03

上御霊社

メインサイト『於児丸の応仁雑記』から流れ着いた小話集。『摩利支天の太刀』に流し込もうとして頓挫している。完成したらラノベで適当に応仁の乱、とかなるかも? とりあえず上御霊社。

  • 2021-06-03
  • 2021-06-03

瀬戸内の海賊登場?

『捏造大名家の野望』スピンオフ? いや、話の内容的には『大内庭園縁起』の続き? どっちにしても、価値がないページ。実はメインで下書きだったので、ここ限定公開。

  • 2021-05-22
  • 2021-05-22

五郎視察の旅に出る

メインサイト観光スポット案内 CATEGORY の冒頭チャットだったもの。「周防守護代家の若君である五郎が、21世紀の「元」周防国を視察する旅日記」

  • 2021-05-22
  • 2021-05-22

ミルの蔵書閣

サイトの読書日誌 CATEGORY の冒頭チャットだったもの。

  • 2021-02-24
  • 2021-05-17

第百話:エピローグ

『捏造大名家の野望』第百話:どうにかこうにか大団円。これで満足したのは作者だけ。目茶苦茶な展開になったけど、木下綾香は物語に『了』の文字を入れたのだった。

  • 2021-02-23
  • 2021-05-17

第九十九話:新たなる旅立ち

『捏造大名家の野望』第九十九話:間もなくエンドロール。駆け足で最終話一話前。後は無事に着地するのみ。

  • 2021-02-23
  • 2021-05-06

第九十八話:ハネムーン to 室町

『捏造大名家の野望』第九十八話:南蛮の妙薬が昌興の不治の病を治療し、千寿は兄の跡を継いで当主に。そして、次兄・昌典にもとある出来事が……。

  • 2021-02-23
  • 2021-05-20

第九十七話:天下人への道

『捏造大名家の野望』第九十七話:千寿とその「仲間たち」は無事に昌興との面会を果たす。なんとあの鷲塚までもが。いっぽう、鷲塚は未来にどんな病でもなおす凄すぎる薬剤の存在を見つけ……。