勝手に大内家で軍記物『大内軍記』・序

序文

およそ、名族というものについては、『家伝』や家臣らの手になる『日記』、『軍記物』の類が残されており、遥かに時を超えた数百年先の民が、「資料」として、歴史を知る手掛かりにそれらを用いている。

『家伝』の類は、先祖代々受け継がれたケースもあるが、先は応仁の乱、それに始まる戦国時代、また、幸いにも長い戦乱の中生き残ったものたちも、第二次世界大戦の戦禍によって遂には喪失の憂き目に遭った。

それでもなお、奇跡的に残された数々の資料の類が、現在、研究者たちの貴重な史料となっているのである。

しかしながら、それとは別に、長い歴史の興亡の中で、家名が断絶し、それらの「資料」が受け継がれなかった家ももちろんある。更に言えば、元々、そのような『家伝』の類が編纂されてこなかったらしい家もまた、存在するのである。
大内家ほどの名門に、今に伝わる正式な『家伝』がなく、それがゆえに、後世の学者たちは、その研究にたいへんに苦労している。

『家伝』の喪失が、家の滅亡による悲劇によって散逸、もしくは何者かによって意図的に隠滅させられたものであるのか、そもそも、そのような書物を編纂するという企画そのものがなかったのか、それは分からない。

しかし、我らが庭園の主・政弘様は、この現状を憂え、名のある他家には普通に存在していた、これらの書物をぜひとも大内家においても編纂し、その内容は他家においてそうであるように、大内家を称賛し、捏造も交え、とにかく神がかりなものとしなくてはならない、と仰せられた。さらに、付け加えると、いわゆる、古代の言葉で書かれている書物は研究者以外の者には理解不可能であり、下々の者もふくめて、より多くの民の間に、当家の威厳を知らしめるため、故意に「馬鹿でも分かる」ような簡潔な書式を用いることを命じられた。

よって、平易かつ簡略な、大内家を絶賛する文書を捏造し、幅広く、世間一般の民に進呈することとした。

なお、どういうわけか、それらの馬鹿でも分かる化の作業が、周南市・若山城跡に棲む樹木の精なる者の手に委ねられることになった。したがって、元々、捏造と神格化を加えた原文が、この樹木の精とやらの力不足により、さらに歪曲されることになる恐れがあることを書き添える。

なお、本人は気付いた範囲で過度の捏造について注釈を加えるとしているが、これについてはおよそ信じられるべき言葉ではない。

なお、樹木の精との間では、ボランティアで作業を引き受ける代わりに、本名を明かさないという約束を交わした。周南桜子は偽名である。

令和二年五月吉日

編集委員:相良武任、於児丸
現代語訳・脚注:周南桜子

概要

いわゆる駄文制作ではなく、捏造や伝説、分かりやすくするために台詞なども適当に作りながら、編年体っぽく通史をまとめました。琳聖太子から大内義長まで。

あくまでも大内家目線ですので、分家や、配下、同盟国、敵国にとっては、何じゃこれは? と、怒り心頭のはずですが、わたくし、これまでいくらかの軍記物の類や現代作家さんの小説にいたるまで(主に毛利家)をお読みして、あまりにも都合よく書かれているなぁ、と感じた次第です。

勿論、それはそれで、素晴らしい文化遺産であり、作品群です。ただ、視点を変えれば、世の中180度転換する、ということです。

また、あまりにご都合主義で、我が主を称賛しまくり、敵を悪者化している作品というのも、これはこれで微笑ましいと感じました。何事も、完璧な人間などあり得ません。敗者の側から歴史を見れば、勝者の側が「勝てば官軍」でインチキを……と憎らしくなりますが、これもまた、敗者の側からの依怙贔屓がかなり入っているからであり、とかく、家の歴史、軍記物、小説については、誰を主人公にするかで、見方が変わってくる、というだけのことです。

ただ、大内家に限って言えば、最後の主・義隆様が、無能な変質者、陶様が、愚かで不忠な謀叛人となっているものが多いのもまた、避けられぬ運命なのかもしれません。彼らにてこ入れする必要もないのですが、それを愛している方々も少なからずおられるのもまた事実です。

これなる駄文をお読みになったみなさんは、もしかしたら、ご自分の贔屓のお方が貶められており、大内の連中ばかりが美化されていると感じるかもしれません。しかし、それもまた、私がみなさんの御贔屓様主人公の作品群をお読みした時に感じたことですので、寛容な皆さま方は、黙ってブラウザバックをして、二度と見ないようにしてください。嫌なことは忘れて、楽しく生きて参りましょう。

なお、毛利家については、別のサイトで『陰徳太平記』を読む、などの企画をやっていますので、そちらで憂さ晴らしをしてください。

ちなみに、こちらは、特に種本というものを明記しておりません。長らく本を読んできて、頭に植え付けられたままに書いています。ですので、引用はしていません。論文を書く場ではなく、単に事実を書き並べているだけだからです。逆に言うと、筆者の勘違いによる大小の誤りがあるかも知れません。これもまたご愛敬だと思ってください。軍記物の類も、先生方から、あれこれの誤りを指摘されているし、創作なんぞは、創作であるにもかかわらず、生真面目な歴史マニアから「あり得ない」なんて文句をつけられる煩わしいことがあるではないですか(笑)。

参考文献は別のページにございます(作成中)ので、そちらをご覧ください。

編者