有川昌典イメージ画像
 千寿の異母兄にして、昌興の異母弟。
 有川家は、かなり「規模の大きい」国人勢力であったらしく、大内家はその懐柔策の一つとして、有川兄弟の父親に陶家の行かず後家となっていた娘を娶らせた。その腹から生まれたのがこの昌典。よって、陶家とは血縁関係にあり、隆房は従弟にあたる。
 その「高貴」な血筋ゆえにか、生まれ落ちてすぐから、家を継ぐに相応しいのは自分である、と思い込んでいる。
 陶家の身内ゆえ、かなりの美男であり、さらに、教養もあり、政治的能力値の高さもずば抜けている。しかし、どういうわけか、武芸がからきしダメなのである。よって、合戦の際には、常に後方支援に回る。
 いずれは兄を追い落として、家督を継ぐのが目標であり、実の兄を「戦馬鹿」と軽蔑するなど、やや腹黒い策士の趣。

登場作品:『捏造大名家の野望』
作画:ロン様