CATEGORY

紅葉谷:陶荘

始まりの地があれば、終焉の地もある。
栄枯盛衰の歴史の果てに。
陶一族の栄華は厳島の地にて尽きた。
……んなわけないだろ!?
鶴ちゃんは今も、宮島で鹿と戯れてる。
案内は任せときな。
その後……主の大内義隆から追放された陶隆房が紅葉谷に大邸宅を建設。
童たちを中心に、なぜか世代を問わずあらゆる陶家の者たちが出現する謎スポットに。

※仮想空間です※

  • 2020-09-29
  • 2021-02-09

紅葉谷:陶荘 鶴ちゃん安芸の旅

ある日のことでございます。 妖精・ミルと「弟分」五郎は、安芸国厳島神社を参拝しました。 ミルは、この曰く因縁のある土地を訪れることを強く拒んだのですが、例によっ […]

  • 2020-09-08
  • 2021-02-09

崩壊した史実 (fiction)

ある日のこと。 陶隆房は主の大内義隆に呼びつけられ、大慌てで参内した。 すると、いつになく、いや未だかつて見たことがないほど、義隆は威厳たっぷりになっていた。 […]