CATEGORY

陶の城

昔ここに城があって、強くて貴い一族が住んでいた。今は何もなくなってもそこここに彼らの軌跡。陶一族が好きで好きでたまらない。だから、陶だらけのサイトを作りました。※現在、統廃合で独立したサイトではなくなりました※ここでは「陶」がすべて。称賛と礼賛の嵐です。逆に、嫌いな方には覗かないほうが良い空間です。お気を付けください。陶一族を愛するかたのご訪問を心よりお待ちしております。なお、関連史跡(主に周南市)や人物の簡略な案内もかねていますが、かなり偏ったものとなります……。

  • 2021-02-17
  • 2021-02-17

駒ヶ林(厳島)

厳島合戦史跡の一つ。大内家の名将の一人、弘中隆包さん終焉の地だと言われている。弥山から歩いていける。断崖絶壁で何もないが、展望は最高だ。

  • 2021-01-05
  • 2021-02-14

鶴ちゃん相模の国へ~番外編~

鶴ちゃんから2021年新年のご挨拶。なお、感染症予防対策のため、相模国からでられなくなっているよ(20210214現在)。

  • 2020-12-22
  • 2021-02-09

鶴岡八幡宮 ~鶴ちゃん相模国へ・其の参~

Name たまには僕が先頭に来てもいいよね? 妖怪扱いされて腹が立つ……。 今日は鎌倉幕府の開かれていたところ、「鎌倉」に来ている。 Name どくのだ、妖怪! […]

  • 2020-12-06
  • 2021-02-09

江ノ島 ~鶴ちゃん相模国へ~

Name 宮島で仲良くなったガイドさんから、面白い話を聞いたんだ。 弁天様は芸術の神様だから、宝塚の女優さんたちが、毎年厳島神社にお参りに来る。 これは、文字通 […]

  • 2020-12-01
  • 2021-02-09

高知龍馬空港

Name へへへ。また会ったねぇ。前回どうして細川政元と高知城にいたか、って? うーーん、どうしてだろ? 今ちょうど、過去記事を整理している […]

  • 2020-12-01
  • 2021-02-09

大野浦(廿日市)

終焉の地・宮島へ Name 厳島から対岸の大野浦は目と鼻の先。 だけど、五郎様は二度と周防に戻ることはなかった。 近くて遠い、目に見えている […]

  • 2020-11-08
  • 2021-02-09

陶弘護

陶家最強の将・陶弘護。その悲劇的な死とともに、人々の記憶に深く刻まれている人だ。そして、孫として、その勇猛果敢なところを強く受け継いだのが五郎だ。

  • 2020-11-02
  • 2021-02-09

陶興明

陶弘護の次男。嫡男武護の出奔で家を継ぎ、その後、帰国した兄との家督争いから命を落とした、とされる。