サヨリヒメイメージ画像
過去記事(というか写真)を整理するのに疲れちゃったから、ちょっと悪戯してみたわ。いったい、どんなおかしな人がここに住み着いているのか書き出してみたの。ほんの一部分だけね。

大内政弘
大内政弘イメージ画像
鏡よ鏡、この館で最も麗しき者は我なり。庭園の最高権力者。文武両道に秀でた完璧すぎるイケメン。この世界を制覇するためには、冷酷非情でなければならないという掟に忠実である
大内義興
大内義興イメージ画像
天仙の一対と謳われた美男美女の両親から生まれた高貴な跡継ぎ。心優しい母に似て、父親とはまるで違う真面目で義理堅い性格になった
陶隆房
陶隆房イメージ画像
イケメンマニアである先代の主(現主の孫)に気に入られたお陰で出世街道に乗っていたのに、謎の先祖返りで弾かれてしまった。現主は己が一番と思っているため、「歌が詠めない」系のただのイケメンには住みにくい空間と化し、別天地を探している
陶弘詮
陶弘詮イメージ画像
隆房の祖父。現主に憎まれて死に追いやられた実の兄とは違い、歌も詠める聡明なイケメンとして、この庭園になくてはならない人材となった。亡き兄同様、武骨者の孫を軽蔑している
足利義材
足利義材イメージ画像
迷惑すぎる「元」将軍。先々代主・義興は騙されて力を貸してしまったが、現主には馬鹿にされている。しかし、現将軍の交換パーツとしての価値がある上、歌も詠めるため、いちおう居候を認められている
畠山尚順
畠山尚順イメージ画像
義材の忠実な僕として、こき使われる身分。管領家の血統と忠臣として死んだ事になっている父を崇拝する貧乏すぎるファザコンお坊ちゃま。かなりのイケメンでお人好しだが、女に愛される余裕もない
陶鶴寿丸
鶴寿丸イメージ画像
弘詮の兄。最も自分に都合の良い姿で生まれ変われるこの庭園では、皆がイケメン時代にワープするのに、なぜか子どもの姿になってしまった。本人はそれを現主の「呪い」だと考え、実はこれこそが己の望みであったことに気付いていない。
宗景
僧侶・宗景イメージ画像
隆房の伯父。弘詮の甥。義興の幼馴染みにして、大の親友。「父」鶴寿丸同様、己が愛した自由人として、出家時代の姿で庭園に転生した。無論、歌など詠めぬ上、父の仇である現主とは終世相容れないことは、生まれ変わっても同じである
高祖帯刀
高祖帯刀イメージ画像
捏造空間からやってきた鏡の中の現主。売れないweb小説家志願者が、現主をモデルにして書いた人物であるため、驚くほど似ている。しかし、互いに我こそはと思っているため、永遠にライバルとなる運命
陶興明
陶興明イメージ画像
宗景の弟。よって、同じく、隆房の伯父にして弘詮の甥。弘詮同様「歌詠み」なので、庭園では人畜無害。前世で兄との家督相続に敗れたため、今回は、意地でも当主になりたいと強く望んでいる
足利義澄
足利義澄イメージ画像
高貴な血筋と潔癖な性格とは裏腹、何もかもが思うに任せぬ日々。アイドル紹介所で夢幻の世界を体験し、全てを捨てて、庭園に住み着いた。ナンバーワンアイドルを目指しているだけなので、主と目標が被らない
細川澄之
細川澄之イメージ画像
義澄の従弟。本当は両親に深く愛されていたことを知らず、「捨てられた」と信じてこの世のすべてを恨んでいる幸薄き少年。幼くして亡くなったため、これ以上の年齢には転生できなかった