合戦前夜まで・後編 ~将軍・大名・その被官~

将軍・大名・その被官

この頃、お家騒動は家を問わず頻発していた。義教期、将軍は積極的にこれらの騒動に介入し好みの人選を行った。このような前例を作ってしまっていたので、相続当事者間の争いはお家にとっては存亡の危機に直結し、家臣らをも巻き込み、二派に分裂しての大騒ぎというのがお決まりとなった。

元々、室町幕府はそれじたいが強力な統制力を持たない。ゆえに、馬鹿にされたり、批判されたり、人気が無かったり……という悲しいことになっている。しかし、幕府は配下の大名たちの家督を承認したり、こうした争いを調停したりすることで、その存在意義を発揮した。いっぽうの大名たちにとっても、幕府というのは、自分たちの身分・地位を正式なものであると認めてくれる唯一の公的機関として貴重だった。
だからこそ、将軍、幕府との関係を尊重し、その命令に従ったのである。たとえば、大内家のように、九州の凶徒を討伐せよ、と命じられれば素直にそれに従って兵を出す。このような相互依存関係にあるがゆえに、大名たちは幕府を支えるし、幕府も大名たちの権益を認めてやるのである。

それゆえに、義教期のような、恐怖政治の将軍が立つと、大名配下の家臣たちは皆、ピリピリした。主の出来が悪いと、将軍に嫌われてしまい、諸々を認めてもらえないばかりか、下手をすると家そのものが潰されかねないからだ。

将軍と大名の関係とて、人間どうしだから生理的な好き嫌いという要素もある。そこまでも考慮した上で、将軍に嫌われそうな主は、目に留まる前に家臣たちの手で他の跡継ぎを立てたりして、この危機を逃れようとした。

勿論、このようなことは他の将軍の統治下でもあった。われらの先祖、畠山満家は義教期では宿老として重きをなしたが、その先代・義満期には嫌われていたので、弟と当主を交替していた。

家臣たちが、当主が当主としてふさわしいかどうかということに口を挟むという風潮があり、彼らの発言力も時を下るごとに強くなっていったので、義政期にはさらにたいへんなことになっていた。

斯波家の場合

我らが畠山家でも、義就の家督相続に、神保などの重臣が異を唱えたし、同じ管領家の斯波家でも、家督相続の争いが起こっていた。重臣である甲斐常治が主・義敏と対立し、これを排除しようとした義敏は逆に甲斐にやられてしまい、周防に落ち延びなければならなくなった。

義敏が落ち延びた後、その子が跡継ぎに立てられたが、家臣らがそれも認めないと言うので、義政将軍は、斯波家の遠縁から、渋川家の者を連れて来て跡継ぎに立て、やっとひとまずは落ち着いた。これが斯波義廉である。ところが、義敏は再び京に舞い戻り、様々なコネを使って運動し、再び、斯波家の当主に収まることに成功したのだ。こうなると、今度は義廉が宙に浮く。

こんな感じで、そこら中でお家騒動が勃発していた。

細川、山名、将軍家

協力関係から、一転、敵対関係となった細川と山名は、それぞれがこれらのお家騒動の連中から日頃のつてを頼って、自分のほうに力添えを……と頼られたわけである。むろん、彼らのほうからも、勢力増強のため、進んで介入した。こうして、いつの間にか、彼らを頂点として、京近辺の大名たちが二派にわかれて対立するような有様となってしまったのである。

優柔不断なのか、争いごとを好まないのか分からないが、義政将軍は、己の定見というものがないかのように、細川山名の言いなりに、ころころと意見を変えたから、そのこともこの混沌とした事態をさらに深刻化させてしまった。

応仁の乱勃発のその日とされる上御霊社の戦いの前までは、家督、および管領職は我が父・政長に認められていた。それなのに、山名宗全が、畠山義就を引き連れて将軍にその地位を認めさせると、あろうことか義政将軍は言われるままに、家督を義就に認め、父上から管領の職を剥奪したのだ。さらに、厚かましいことには、義就は父上が住まっていた京屋敷も、元々は惣領である自分のもちもののはずなので、と言ったものだから、将軍は父上に「屋敷を明け渡すように」と命じた。

将軍の機嫌を取りつつ、家督の交代を迫る山名と義就もとんでもない輩だが、彼らに頼まれるままに何でも認めてやる義政というお方は何を考えておられるのか。いや、何も考えていないのであろう。嘆かわしいことである。

政長vs義就そして、細川、山名

家督を奪われ、職もクビになり、更に、屋敷からも追い出されたとなって黙って言うがままになっては沽券にかかわる。父上は当然これに反発した。それで、その意思表示として、自らの館に火を放って焼いてしまった。義就ごときに明け渡すくらいなら当然であろう。そして、ここまでくれば武力にて優劣を決めるまでと、義就との合戦におよんだのである。

畠山家の騒動で、ずっと我らに好意的であったのは、細川勝元である。山名宗全のほうは、虫が好かない勝元が父上についていたため、その対抗馬である義就に肩入れしたに過ぎない。まあ、世の人は、とかく、麗しい物語に脚色することが好きであるので、宗全が、父上と義就との争いを見た際に、その勇猛果敢な様に惚れ込んでぜひとも力になりたい、と望んだのだ、というが、真偽のほどは、本人に聞くことができないから、ここでは決められない。

(合戦前夜まで 終り)