第二十二話:京の事情

NO IMAGE

更に不可解なことには、義政に嫌われ、京を追われたはずの義就が宗全らとともに御所に姿を見せるようになる。そう、またも、幕閣らの後押しで、今度は政長ではなく義就のほうが当主として認められ、そのため政長は政界から追放されたのである。無論、義就を支持する山名宗全の根回しの結果であろう。

義就は宴席の場で義政に対し、勝手に当主の名を騙る政長が、畠山家の館万里小路邸を占拠しているから、追い出して欲しい、と申し出た。あろうことか義政はそれを許して、政長に館の明け渡しを命じる。

当然のことながら、政長がそんな命令に従い、やすやすと館を明け渡すはずもなく、自ら館に火を放つと、手勢を引き連れ上御霊社に立てこもる。宗全と対立する勝元から支援の約束を取り付けていた政長は、当然細川家の援軍が来るものと信じていた。しかし、それは「来なかった」のである。

実は、将軍義政から、畠山家のお家騒動には関わるな、との命令が下っていたのだった。しかし、まともにそれに従って政長へ援軍を送らなかった勝元に反して、宗全の側は約束通り義就に加勢したから、政長に勝ち目があろうはずはなかった。

義就は大勝利を収め、当主の座に返り咲くと、守護職も再び公認された。政長のほうは這う這うの体で落ち延びて行き、盟約に背き政長を見捨てた人物として、勝元の評判もがた落ちとなった。その一方で、将軍の命令を無視して「関わるな」と言われた戦いで大いに暴れまくった山名宗全のほうは、これにより、義政から叱責をうけるということもなく我が世の春をうたったのであった。これが応仁の乱の口火となった「上御霊社の戦い」というものである。

しかし、転んでもただでは起きない細川勝元は、これを苦々しく思い、復讐の機会をうかがう。着々と戦の準備を整え、今度は正面切って山名宗全との対決に備えたのであった。畠山政長もこれに従ったのは言うまでもない。一度裏切られたとはいえ、憎っくき義就を支持している山名宗全につくわけにはいかないし、そもそも勝元とて、真面目に義政の命令に従っただけであり、それを聞き入れず暴挙に出たのは宗全のほうである。

この辺り、百戦錬磨の武人宗全と権謀術数を駆使して政界を操る勝元との差がよく出ている。上御霊社で政長を徹底的に叩きのめした宗全らは、勝利に酔いしれ、勝元らの復讐に対する準備を怠った。そして、何の備えもないところにがつんと一発食らってしまったのだ。

とは言え、勝元らも、宗全の息の根を止めるまでには至らず、やがて宗全側に次々と強力な援軍が到着すると、もはや単なる犬猿の仲の両者の争いではおさまらなくなり、元は政長と義就の対立から始まったことすら誰も覚えていないほど。複雑怪奇で摩訶不思議な戦いはその後十一年もの長きに渡って続いたのである。

さて、戦力的には宗全率いる「西軍」が圧倒していたにも関わらず、「東軍」総裁細川勝元はまたもあれこれの謀を巡らせ、西軍諸将の分国で内訌を引き起こさせ、また彼らの周囲の領主達を焚きつけて不安を煽らせた。政弘が大内道頓の造反や、少弐・大友の侵攻といった出来事に悩まされたのも、出元はすべてここである。幸い有能すぎる陶弘護の存在が、勝元の数々の嫌がらせを一つ残らず完璧に封じ込めてしまったのだが。

しかし、他の味方諸将の所では、そう上手いこといかなかった。皆自国の内紛が心配になり、中には堪えきれずに東軍に降る者まで現れる始末。そんな中、先に宗全が、次いで勝元が亡くなると、両軍はいい加減に和睦の道を模索し始めた。この頃には、どうやら「東軍」優位となっていたから、もうこれで憎らしい義就も年貢の納め時とほくそ笑んだ政長であったが、なおも大内政弘のような大軍が徹底抗戦を主張して居残っていた。

どうも義憤にかられたなどと称して、つまらぬ感情に突き動かされる連中というのは厄介である。この大内やら、土岐家の守護代・斎藤妙椿と言った連中は、宗全の死後も、行き場のなくなった義視を守り、更に「戦友」義就のために最後まで戦うと誓詞まで書いたという。

結局、官位や守護職安堵等の好条件をちらつかせ、これらの連中に譲歩することで、やっと京から追い払うことが出来たのだが……。どうやら、その「譲歩」の中には、義視と義就の件も入っていたようである。大内らはこの両名の身柄の保証を強く主張していたからだ。

義視のほうは土岐成頼に連れられて美濃へと逃れて行ったが、問題は義就だ。どうやら最後まで居残っていた西軍の大物らに知恵をつけられたらしく、どこぞに居場所を確保しなさい、我々が後方支援しますので、などと言われたのだろう。よりにもよってそのどさくさに紛れ、河内の国を占拠するという暴挙に出たのだ。恐らくは、なおも畠山家の正式な後継者は自分だと主張しているものと思われるが、実際、畠山家が守護職を得ている河内の国に居座っているのだ。

よって、畠山家は名前だけ河内の守護を名乗っている政長と、無位無官でありながら実質河内の国を支配下に置いている義就という二人の人物によって、今なお分裂したままなのである。