赤間神宮・安徳天皇と平家一門を祀る「竜宮城」(下関市)

安徳天皇陵墓がある 源平合戦関連史跡の一つ 竜宮城みたいにキュートな神社

今ぞしる みもすそ川の おんながれ 波の下にも 都ありとは
二位の尼が詠んだ有名な歌。
本当に海の中に都があるんだろうか……。
もし、あるのなら、平家一門はそこでまた栄耀栄華を誇っているのかもしれない。
元々は平清盛の孫・安徳天皇の陵墓で、阿弥陀寺というところに墓があった。
後に、その御霊をお祀りする赤間神宮が建立される。
下関は、古来「赤間関」といわれた海に開かれた交通の要所。
明や朝鮮へとの交流・貿易の玄関口でもあった。
それを担っていたのが我らが大内家であったことは言うまでもない。
名前の通り関があったのだ。
源平合戦で平家が滅んだ「壇ノ浦」はこの付近。
入水した安徳天皇を救うことはできなかったが、
ご遺体が流れ着いたのがここだと言われている。

水天門


水天門の建造は昭和に入ってから。
なので、古来から延々と続く……という建造物ではなない。
由来の詳細は、神社のホームページに詳しいので、一度目を通して欲しい。
しかし、どう見ても竜宮城。実際、「竜宮造り」と呼ぶそうだ。

本殿


大安殿と呼ぶ。
何やら、厳島神社の回廊を思い出した。

平家一門の墓


平家一門の墓は、一つずつ、どれが誰のものかって決まっている。
真偽の程は定かではないが、それについては、神社のホームページに説明がある。

水天供養塔


幼くして亡くなった安徳天皇に関連して、水難供養の塔がある。

耳なし芳一


じつは、かの有名な耳なし芳一の物語の発祥の地はここなのである。
その意味で、絶対に外せない一枚だ。
(ピンぼけてて無念なり)

〒750-0003 山口県下関市阿弥陀寺町4−1